鼻水が原因で耳の中がこもるリスクに関して

鼻水が原因で耳の中がこもるリスクに関して

スポンサーリンク

花粉症に悩まされる季節など、鼻をかむ頻度が増すに連れ気になるのが、その度に耳がこもる感覚に他なりません。ここでは耳がこもる原因と鼻水の関係と、この体調に潜むリスクに関し、ぜひ知っておいていただきたい基礎知識をご紹介申し上げます。

 

【鼻をかむと耳がこもるメカニズムとは】
時に強くかまねば綺麗に排出出来ぬ鼻水の場合、その度に耳がこもる経験は、誰もがご記憶に違いありません。私達の鼻と耳は奥で繋がっており、鼻水が鼓膜の内側に付着しているのがその原因で、鼻をかむ振動すなわち空気の振動と移動が鼓膜に影響し、一時的に耳がこもる感覚を覚えるのがそのメカニズムです。

 

特に極端に強く鼻をかんだ場合、鼻水が身体の外とは逆方向の鼓膜方面に飛散しつぃまい、内側から刺激するのがその原因となります。強く鼻をかみ過ぎると鼓膜に悪影響を及ぼすと言われているのも、この状況が繰り返される事で、繊細な頭蓋骨内の各器官に及ぶダメージの懸念を伝えているのです。

スポンサーリンク

【耳に優しい鼻のかみ方について】
慢性的な鼻水に悩まされる中、無意識についつい一気に激しくかむ事で、鼻腔内のスッキリ感を確保しようとするのは、私達にとってごく自然な行為ですが、これではもう1つのネックである「こもる」という一時的な症状の改善には繋がりません。何より身体の内側から鼓膜周辺に及ぼすダメージの蓄積が否めず、別の新たなトラブルを招く可能性はゼロとは言えません。

 

非常にシンプルですが、次に挙げる2点を留意される事で、この「こもる」原因の軽減が叶うので、ぜひ実践してみてください。1つ目は「やさしく鼻をかむ」で、強引に一気に鼻の穴から空気を噴き出さずとも、鼻水の除去は十分可能です。私達は違和感や不快感を一刻も早く取り除きたい、強くかめばより効果的との欲求と先入観を抱きがちです。次に片方ずつ間隔を開けてかむ習慣もお試しください。立てつづけに両方を一気にかめば、当然それだけ両の鼓膜に立てつづけに体内の鼻水が逆流から飛散する可能性が高まり、自らこもる原因を手招きしてしまいます。

 

鼻をかんで耳が一時的にこもる原因は、鼓膜の内側に鼻水が飛散付着してしまう状態に存在しており、優しくかむ、片方ずつかむなどの対処を通じ、原因を軽減させる事が可能です。必ずしも頻繁に強くかむ事が、鼻水のより確実な除去に繋がるとは限りません。

 

スポンサーリンク