鼻水でない原因での鼻づまり解消に際して

鼻水でない原因での鼻づまり解消に際して

スポンサーリンク

決して鼻水でない何らかの原因での鼻づまりの場合、その解消法の見極めからの実践に窮してしまいがちですが、同時に数々の見過ごせぬリスクが潜んでいる可能性が疑われます。果たして鼻水でないどのような原因が考えられるのか、どのような解消法がベストなのかなど、以下に具体例を挙げてご紹介申し上げます。

 

【鼻水でない原因を推察する】
原因が鼻水で無いと推察される鼻づまりの解消に際しては、考えられる原因を1つずつ想定から、自身の症状に合致するか否かを冷静に見極める作業が大切です。素人判断で誤った解消法を実践してしまえば、効果が得られぬのみならず、時に鼻づまりを悪化させてしまう、他のトラブルを併発させてしまうなどの悪循環に繋がり兼ねません。

 

代表的な気にとしては、鼻水自体の粘度が増して鼻の穴の内側に付着から塞いでしまっている、鼻の粘膜が炎症を起こして鼻の穴自体が狭くなっている、鼻の骨すなわち鼻中隔が曲がっている、鼻の奥に腫瘍が出来ているなどが挙げられます。いずれも正確な診断には専門医の診察が必要ですので、一向に鼻づまりが解消されぬ場合には、速やかに耳鼻科へ足を運ばれる事をお薦めします。

スポンサーリンク

【原因が鼻水でないが故のリスク】
鼻水でない鼻づまりの原因の中でも、自身で気づかぬケースが多々見られるのが、鼻の中央の骨が曲がり片方の鼻の穴が狭くなってしまう、鼻中隔湾曲症は自己発見が意外と難しく、薬などでは鼻づまり解消が叶わず、手術による矯正が求められます。24時間常に片側が鼻づまり状態のため、集中力の低下や口呼吸で雑菌などを体内に吸い込んでしまうリスクなど、鼻の状態を適正に戻す対処からの根本的な鼻づまり解消が求められます。

 

私達の鼻は多少どちらかに曲がっていますが、この症状が極端なのが鼻中隔湾曲症であり、外から見る限りでは見分けが難しいのが特徴です。またこの症状は副鼻腔炎を併発する可能性が非常に高く、手術による矯正に際しては、こちらの治療対応も同時進行されるケースが多々見られます。術後は両の鼻の穴が適正な状態に保たれ、根本的な鼻づまり解消効果が得られます。

 

鼻水でない原因で鼻呼吸が上手に出来ぬ現状改善に際しては、専門医の診断に基づく根本的な治療対応が欠かせません。鼻水でない何らかの原因は鼻の内側が何らかのトラブルを抱えている何よりの証拠であり、まずは冷静に自身の現状を確かめ理解する姿勢が大切です。

 

スポンサーリンク