部屋 くしゃみ 症状 原因

部屋でくしゃみを繰り返す症状の原因/対処方法

スポンサーリンク

くしゃみが繰り返し出る症状と言えば、すぐに思いつく原因が風邪や花粉症いうことです。
しかし、室内にいる時に限ってくしゃみを繰り返す場合があります。

 

比較的温かい部屋で、外からの空気の流通もないとなると、その原因は部屋の中にあると考えられます。
部屋の中にあるくしゃみの原因として考えられるのがハウスダストです。

 

細かい粒子が鼻の粘膜を刺激して、くしゃみを繰り返す症状の原因となるのです。
しかし、また、花粉症の季節であれば、室内に蓄積された花粉の粒子が粘膜を刺激するということも十分に考えられます。

 

しかし、ハウスダストや部屋に蓄積された花粉以外にも、くしゃみの症状の原因となるものがあります。
それはダニの死骸の存在です。
この場合のくしゃみは、ダニのアレルギー症状として現れます。

 

風邪をひいている訳でもなく、寒い環境にいることもないという時の症状は、これらの部屋の中にあることが引き金となって起こることも覚えておくべきです。

スポンサーリンク

アレルギーの症状は、粘膜に現れることが数多くあります。
咳や鼻水などと並んでくしゃみもその一つです。

 

明確な原因が分からずにこれらの症状が現れた場合は、医療機関を受診して、アレルギー反応を調べてもらうのが一番です。
そして、原因が分かれば、環境を改善することで対処することができます。

 

自分の部屋にくしゃみの原因があると分かった時は、ハウスダストを除いたり、ダニの死骸を除去するなどの対策も講じておくべきです。

 

ただ、新築の家の部屋で症状が出た場合は、もう一つの理由も考えられます。
それはシックハウス症候群です。

 

建築材のホルムアルデヒドに粘膜が反応して、くしゃみや鼻水を引き起こすことがあります。
そのような場合は、密閉した部屋に長時間留まらないようにすることが重要です。

 

シックハウス症候群が重症化すれば、頭痛や吐き気などの症状も出てきます。
子供のいる家庭では、新築家屋の充分な換気は、健康管理に非常に重要です。

スポンサーリンク