赤ちゃん くしゃみ 多い 理由

赤ちゃんのくしゃみが多い理由/鼻粘膜の機能によるもの

スポンサーリンク

赤ちゃんと一緒に生活していると、大人よりもくしゃみが多いと感じる場合があります。
赤ちゃんのくしゃみが多い理由については、鼻の働きが大きく関係しています。

 

まだからだの各部位の働きが十分ではなく、鼻についても、毛が生えていない、粘膜がむき出しになっている場合が多くなります。
鼻は、ある程度湿っている状態で、鼻呼吸をしながら、鼻毛がろ過装置の役目を果たすという働きもあります。

 

しかし、赤ちゃんの場合には、生まれて間もないため、鼻の粘膜がまだ完全にはでき上がっていません。
鼻粘膜の未発達が理由で、外気や温度変化などを感じ易くなっています。
そのためにくしゃみが多い状況になります。

 

鼻粘膜が未発達という理由でくしゃみが多い場合には、特に赤ちゃんのからだに異常はない事が多くなります。
鼻水なども出ず、小さいくしゃみが多い程度であれば、成長と共に回数も減ってくると推察されます。

 

ただ、赤ちゃんの場合には、常に体調の変化に注意を払っておくべきでもあります。

スポンサーリンク

赤ちゃんのくしゃみが多いのは、一般的には鼻粘膜が未発達である事が理由として挙げられます。
それ以外には、アレルギーが理由になっている場合があり、注意が必要です。

 

アレルギーの場合には、個体の特性によって、発症する原因分子にも違いがあります。
ほこりやダニなどのハウスダストが原因になる事もあります。

 

他にも、赤ちゃんのくしゃみが多い理由としては、風邪なども疑われます。
通常、大人であれば、鼻呼吸をして、ウィルスなどの侵入も防げる場合が多くなります。

 

でも、赤ちゃんの場合には、鼻の粘膜、鼻の働きが未発達で、環境によっては、風邪を引き易くなっている事があります。
例えば、部屋の中の乾燥が進むと、風邪のウィルスなども繁殖し易い事が知られています。
風邪ウィルスの感染が理由で、くしゃみが多い状況に至っている場合があります。

 

赤ちゃんの場合には、言葉を話せない代わりに、むずがるなど、泣いて体調変化を知らせてくれる事が多くなります。
熱を伴う、授乳を嫌がるなどがあれば、病院を受診しておく事も必要です。

スポンサーリンク