新生児 くしゃみ 連発 原因

新生児がくしゃみを連発する原因/身体の働きが不十分?

スポンサーリンク

赤ちゃんが生まれると、期間の経過によって、成長段階も変化を迎えます。
新生児の時に、くしゃみが多くなるなどが見られる場合もあります。

 

新生児がくしゃみを連発する原因については、からだがまだ未発達な事が挙げられます。
くしゃみは、鼻の働きと連動する事になりますが、連発するのは、鼻粘膜などの働きが未発達なのが原因の場合が多くなります。

 

新生児は、お母さんのお腹から出てきて間もない状態です。
鼻の働きも、一般的な大人の場合とは、まだ違う状況でもあります。

 

鼻は、呼吸をする働きがある事から、外気を吸入する事になります。
外気には、ほこりなども多少含まれていたり、温度差が生じて鼻を通過する場合もあります。

 

鼻粘膜、及び鼻毛が、ろ過装置の役目を果たして、からだへ害が及ばない働きをもちます。
しかし、新生児は、鼻の働きが未発達であり、外気の変化などにも非常に敏感な事が原因で、くしゃみを連発する事があるのです。

 

体調にも変化が無い状態であれば、くしゃみの連発にも問題はないという場合が多くなります。

スポンサーリンク

新生児がくしゃみを連発する原因は、多少家の中などを見渡すと、該当する原因が存在している場合もあります。
新生児の鼻は、働きがまだ未発達な状態で、敏感に空気を吸い込んでいる状況でもあります。

 

ちょっとした温度変化にも敏感になっている場合もあります。
体温は高めなので、暑がる場合が多いですが、室内温度の調整変化が原因で、くしゃみを連発する事もあります。

 

更に、冬場などは部屋の中で乾燥が進む状況になる事があります。
乾燥が進むと、ウィルスなども繁殖し易い状況になります。
乾燥などが原因で、新生児がくしゃみを連発する事もあります。

 

風邪に移行しない様に、冬場には加湿器を利用するなども、風邪の防止に有効な方法となります。

 

余り神経質になる必要はありませんが、少し屋内環境などにも配慮をしてあげると、新生児の体調管理にも繋がります。
新生児は、くしゃみを連発し易いからだの仕組みもあります。
体調変化を見守りながら、異常があれば、病院を受診する事も大切です。

スポンサーリンク