くしゃみ 脇腹 痛い 症状 原因

くしゃみで脇腹が痛い症状の原因とは!?/便秘の影響?

スポンサーリンク

からだの一部が弱っている時にくしゃみをすると、痛みに繋がる事があります。
しかし、痛みが継続する様な場合には、注意が必要になります。

 

くしゃみをして脇腹が痛い症状は、例えば便秘が慢性化している人が感じる事があります。
慢性化した便秘は、腹部に便が溜まっています。

 

長期化すれば、固い便の量も増え、ガスなども発生し易い状態になります。
くしゃみをすると、腹部に圧力が掛かりますので、脇腹が痛いといった症状に繋がる事があります。

 

便秘が原因になる事もあるのです。
便秘が原因の場合には、やはり便秘症状を改善する事が、くしゃみの際の脇腹が痛い症状を解消する事に繋がります。

 

原因が便秘の時には、お薬を服用する事もできます。
でも、できるだけ自然な形で排便できる癖、生活習慣に変えていく事も、大切なポイントになります。

 

食事の場面では、水溶性繊維質の多い食事を心がけたり、水分を多めに摂取するなども効果的です。
毎日の生活の中で、継続的に努力していく事もできる方法です。

スポンサーリンク

くしゃみで脇腹が痛いと感じる症状は、腹部の筋肉痛などが原因の可能性もあります。
日頃運動不足気味な人は、筋肉の働きも衰えている場合が多くなります。

 

くしゃみは、誰でも生活の中で経験しますが、意外にも大きくからだへの圧力が加わる状態になります。
日頃の運動不足が原因で、脇腹が痛いと感じる事もあるのです。

 

原因が運動不足の場合には、腹筋を鍛えるなども脇腹が痛いと感じる場合に有効な方法です。
但し、腹筋運動だけを行うと、腰痛症状に繋がる場合もあるため、必す背筋運動とセットで行う事が推奨されます。

 

くしゃみによって脇腹が痛いと感じる症状の原因は、肋骨にヒビが入ってしまったなどのケースもあります。
特に高齢の人の場合、骨密度が低下して、骨がもろくなっている人も多く見られます。

 

くしゃみをする時にも、余りからだに負荷が掛かり過ぎない様にするなど、注意して行う事も必要です。
日頃の生活の中では、筋肉が衰えない様に運動を取り入れ、骨を丈夫にする工夫などもできます。

スポンサーリンク