くしゃみ 腹筋 つる 原因

くしゃみをすると腹筋がつる原因

スポンサーリンク

くしゃみとは、身体の中の悪いものを外に出す為に必要な行為とされています。
寒い時期によく起こることがあり、周りに菌をまき散らさないようにマスクをして外出することがエチケットとされています。

 

そんなくしゃみですが、勢いのあるものだと、体質により腹筋がつる人がいます。
その行為の原因は何なのかとても気になります。

 

人は急に運動したり階段を上がったりすると、筋肉痛になったりします。
くしゃみも身体の中で起こる運動としてみると、身体がびっくりしてしまい、腹筋がつることがあります。
原因として考えられるのが、急な身体の変化、刺激が理由とされています。

 

腹筋に力を入れてくしゃみをすることが人間は多いのでつるという結末になってしまいます。
原因を理解することで、今後の為に役に立つことがあります。

 

腹筋がつる場合、くしゃみの仕方を変えたり、変化をつけることで、身体に負担をかけることなく自然現象を出すことができます。
原因を明確にわからせることで、今後の適切な対処に導きます。

スポンサーリンク

筋トレをした際にも、つることがあり、筋肉痛が起こる場合があります。
ですが、筋肉痛もそう長くは続かないので、くしゃみに身体が慣れてしまえば、怯えることはありません。

 

赤ちゃんや子供のうちは、くしゃみに慣れていない人が多いため、腹筋に無理に力を入れてしまい、つることがあります。
原因は、慣れていない未熟さ、そして力の入れ過ぎということになります。

 

つる体質が治らなければ、医者に相談することでも的確なアドバイスをくれることがあります。
日頃から筋トレを行っている人は、腹筋がつることもなく、自然にくしゃみをすることができます。

 

何か問題があるということは、全てに原因があるということなので、早めのうちに考え出せるものは考えてそれに見合った対策を練ることで、楽になれます。

 

腹筋の他にも、お腹だったり、背中だったりする場合も中にはあります。
原因は力みすぎてあることが多く、力を抜くことでも、回避できることがあります。

スポンサーリンク