くしゃみ 大きい 原因

くしゃみの音が大きい原因は!?/自分でコントロールする方法

スポンサーリンク

寒い時や鼻腔内に異物が侵入した際などに自然現象で発生するくしゃみですが、その音は大小さまざまなで、個人差も存在しています。

 

また年齢や性別などによってそれなりの傾向があり、女性や子供、高齢者などは比較的小さいくしゃみが多いですが、中年あたりの年代の男性の場合は大きいくしゃみをする人が比較的多く見られます。

 

もっとも音の大きさはあくまで個人差であり、とくにこれといった病気などの原因があるわけではなく、自然現象でもその音量をコントロールすることは決して不可能というわけはありません。

 

まず音が大きい原因としては、くしゃみをする前に大きく息を吸いこむといったことがあり、こうすることで勢いの強いくしゃみが出ます。

 

またそれと同時に声を出してしまうと、なおさら大きいくしゃみになるため、声も原因の一つに含まれます。

 

それゆえに音を抑えるためにはこれらの原因を取り除き、かつハンカチなどで口を押さえるなどの行為を心がけるとよいでしょう。

スポンサーリンク

大きいくしゃみの原因はおそらく息と声が関係していますが、中年期の男性に多くみられるのは、その年代の男性が若い頃よりも免疫力が低下しているため、細菌などの異物を大きいくしゃみで勢いよく外へ追い出す必要があるためです。

 

さらにこの年代の男性は、豪胆な方が男性らしいという考えが時代的に浸透していたため、周囲への配慮よりもそういった考え方を尊重し、大きい声とともに出すということも原因となっている可能性があります。

 

もっとも周囲への配慮のためとはいえ、無理やりくしゃみを抑えてしまうと耳に圧力がかかって悪影響を与える可能性もあるので、基本的には自然にまかせて大きい状態ですることが望ましいのですが、やはりエチケットという面でそれが難しい状況ならば、鼻の下に指を添えるなどして出ないようにするという方法もあります。

 

ただし鼻をつまんで無理やり小さいものにすることは、耳への圧力を高める原因になるので控えるようにしましょう。

スポンサーリンク