くしゃみ 出そうで出ない 原因

くしゃみが出そうで出ない原因とは!?

スポンサーリンク

くしゃみが盛大に出るととても気持ちがいいものです。
しかし、くしゃみしそうになった瞬間になぜか治まってしまうこともあります。

 

出そうで出ないというのはとても気持ちが悪く、鼻がむずむずします。
くしゃみの出る原因と、出そうで出ないときの原因は実ははっきりと解明されているわけではありません。

 

一般的には、鼻の中に何らかの異物が入ったり、神経系から信号が送られてきたりしたときにくしゃみがでると言われています。
この回路が途中で遮断されてしまったり、鼻の中の異物が別の理由で除去されてしまったりすると出そうで出ない状況でとまってしまうと言われています。

 

たとえば、くしゃみが出そうなときに誰かと目があってしまったり、誰かから話しかけられて集中がそがれてしまったりすると出そうで出ないことになりがちです。
しかし、くしゃみ自体の原因もまだはっきりと解明されきっているわけではないので、なにが原因と解明することは難しいです。

スポンサーリンク

しかし、くしゃみが出そうで出ない原因ははっきりしなくても、出そうで出ないというのはとても気持ちが悪いものです。

 

ただ、出そうで出ない状態でも、体に害があるわけではないので心配することはありません。
病気でもないのでその心配も無用です。

 

そのため放っておいてもかまわないのですが、原因はともかく出してすっきりしたいと思うなら出す方法はいくつか存在します。

 

一つ目が強い光を見るという方法です。
強い光を見ると、目からの刺激が鼻にいきくしゃみが出やすくなります。
このメカニズムもはっきりと原因がわかっているわけではないのですが、一定の効果があるとされています。

 

また、ミントなどのすーっとした香りも誘発しやすいです。
キシリトールガムやタブレットも効果的です。

 

これでも駄目ならばティッシュやこよりなどで鼻に物理的な刺激を与えると有効です。

 

ただ、かなり豪快なものが出ることが予想されるので、なるへく人前では避けるようにしましょう。

スポンサーリンク