くしゃみ 臭い 蓄膿症 症状 原因

くしゃみが臭いのは蓄膿症/症状と原因について

スポンサーリンク

鼻は嗅覚としての役割がありますが、鼻の病気になると、特有の臭いを発生させる事もあります。
蓄膿症が原因で、くしゃみが臭いと感じる症状を発生する場合などもあります。

 

蓄膿症は、字の如く、鼻の奥の空洞部分に膿が溜まってしまう鼻の病気です。
膿が溜まると、ウィルスや細菌などが膿に付着していますので、それが原因でくしゃみが臭い症状に繋がる事があります。

 

鼻は、口、のど、目など、様々な部位と鼻の奥で繋がっていますので、各所で症状が発生する場合もあるのです。
蓄膿症が原因で、くしゃみが臭いと感じる症状があれば、対策としては、やはり蓄膿症の適切な治療でもあります。

 

くしゃみなどを抑えるために、一時的には市販のお薬を服用するなども行えます。
でも、根本的な原因である蓄膿症は、適切な治療を行う事でもあります。

 

耳鼻科のクリニックを受診すれば、検査を行って、後に治療を実施していく事になります。
お薬の服用によって、改善できる場合もありますので、まずは医師の診察を受けてみるなどが必要です。

スポンサーリンク

くしゃみが臭いと感じる場合には、原因として、蓄膿症の症状である可能性も疑えます。
他にも、頭痛があったり、黄色や緑色のドロッとした鼻水、鼻づまりなどの症状を伴う場合があります。

 

鼻が常に炎症を起こしている状態にもあるため、くしゃみがよく出る、臭いなどの症状が出ます。
蓄膿症かどうかは、耳鼻科のクリニックの検査、あるいは医師による触診などで判明する場合が多くなります。

 

中には、風邪などが原因となって、ウィルスが鼻に残留する事が原因、引き金となって急性の症状を発症する人もいます。
急性の場合には、お薬の服用で蓄膿症が治れば、くしゃみが臭いといった症状も改善する可能性があります。

 

慢性的な状態になると、お薬の服用以外にも、内視鏡による手術が必要になるケースもあります。
くしゃみが臭いなどを感じたら放置せずに、できるだけ早めに耳鼻科のクリニックを受診して、適切な治療をしていく事が大切です。

 

治療が長期化しない様に、自分でも早めの治療を心がけるのも必要という事でもあります。

スポンサーリンク