くしゃみ 臭い シナモン 症状 原因

くしゃみが臭い「シナモン」の匂い症状の原因/口や鼻にあります

スポンサーリンク

くしゃみをする場面はどこにもありますが、瞬間的に臭い、シナモンの匂いが感じられるなどの人もいます。
くしゃみが臭い、シナモンの匂いを感じる症状の原因としては、複数の内容が推察されます。

 

くしゃみから出る唾などは、口や喉から発せられますので、口の中に原因が存在する場合もあります。
症状としては、虫歯などが進行しているなどです。

 

虫歯になって放置しておくと、菌が発生していますので、口腔内の衛生環境も悪化します。
くしゃみをした時に臭い、シナモンの匂いがするなどの症状の原因になっている場合があります。

 

虫歯が原因の場合には、歯磨きなどを行っても、一時的な効果しか得られないといえます。
根本的な対処法としては、虫歯の治療を行う事になります。

 

虫歯の治療が完了して、口腔内の衛生環境を清潔にできれば、くしゃみが臭い、シナモンの匂いがするなども改善できる可能性があります。
症状が進行しないためには、やはりできるだけ早めに、虫歯の治療をしておくなども必要になります。

スポンサーリンク

くしゃみが臭い、シナモンの匂いを感じる症状は、原因として、鼻の病気が関係している可能性も疑われます。
副鼻腔炎と呼ばれるものですが、鼻の奥にある空洞部分に細菌やウィルスなどを含んだ膿が溜まってしまう病気です。

 

症状としては、膿となった鼻汁が出る際にも、黄色や緑色になっている事があり、鼻以外にも、喉から出る事があります。
鼻は、喉とも繋がっていますので、鼻汁が喉に下りてしまう症状を伴う人もいるのです。

 

当然くしゃみをする際にも鼻汁を含む事になり、臭い、シナモンの匂いがするといった原因分子に成り得るのです。
副鼻腔炎を発症している原因があれば、臭い、シナモンの匂いが発生するのを予防するには、鼻の治療を実施する必要があります。

 

耳鼻科のクリニックを受診して、まずは検査を行った上で、状態を医師が診断し、治療を進めていく事になります。
軽度であれば、お薬の服用などで、症状の改善を望める場合も多くあります。
できるだけ放置せず、早めに耳鼻科を受診する事も症状の悪化防止に繋がります。

スポンサーリンク