くしゃみ 胸 痛み 真ん中

くしゃみをすると胸の真ん中あたりに痛みを感じる原因と対処方法

スポンサーリンク

自然的に発生するくしゃみですが、それとともに胸の真ん中あたりに痛みが生じることもあります。
これはまずくしゃみそのものによって身体に圧力がかかっていることも関係しており、その時の姿勢などによっては身体のさまざまな個所に負担を与えることもあります。

 

とくに胸の真ん中周辺に痛みが出る場合は、比較的多い傾向にある原因として、肋間神経痛の可能性があります。
肋間神経痛はその名の通りに肋骨の間に沿っている神経の範囲に痛みが出ることからそう呼ばれます。
その原因は胸椎関連や肺、心臓系統の病気、自律神経の乱れや帯状疱疹など、実にさまざまです。

 

またこういった病気などの原因以外にも、くしゃみをして心臓付近の身体の真ん中に痛みを覚えることがあります。
たとえば胸骨のヒビや骨折などもそうですし、大胸筋の筋痛なども影響し、身体の真ん中に痛みが出ることがあります。

 

それゆえに素人では、なかなかくしゃみの際に出る胸の真ん中の痛みの原因を判断することは難しいと言えます。

スポンサーリンク

くしゃみで胸の真ん中に痛みが出たならば、肋間神経痛の可能性が高いですが、肋間神経痛の中でもよくみられる病名としては、胸椎椎間関節症の割合が高い傾向にあります。
この病気の場合は基本的には整形外科が専門となりますが、しかしながら血液検査やX線検査といった一般的な検査では異常がほとんど見られない傾向にあり、認識率もやや低い病気なため、整形外科だけでなくペインクリニックなどを利用して治療に励むという方法もあります。

 

またくしゃみによって骨に異常が出た場合も、やはり専門となる科は同様なので、整形外科を受診すると良いでしょう。
もっとも原因が定かでない場合は、自己判断せずにかかりつけの内科などをまずは受診して、そこから専門医療機関を紹介してもらうというのも便利です。

 

しかし病院を受診する前に、まずは応急処置としてなによりも安静にすることが大切です。
間違ってもセルフケアでストレッチなどは実施しないようにして、安静にしてもくしゃみによる身体の真ん中の痛みが続くようならば、医療機関を受診するようにしましょう。

スポンサーリンク