くしゃみ 鼻水 夜 悪化 理由

くしゃみや鼻水が夜に悪化する理由/交感神経が影響している?

スポンサーリンク

くしゃみや鼻水は夜になると悪化する傾向があります。
その理由は副交感神経が働いているからです。
安静にしようという雰囲気の時に強くなる副交感神経の働きは、アレルギー反応を強くするという特徴を持っているのです。

 

 

【くしゃみや鼻水は神経の作用が影響】
くしゃみや鼻水が夜になると悪化する理由は、神経の作用が関係しています。
通常は交感神経が優位になっているのですが、就寝前などの安静時には副交感神経が優位になります。
こうした変化があるからこそ、いつもは抑えられているアレルギー反応が悪化し、夜になるとくしゃみや鼻水が止まらないという悩みを抱えるのです。

 

 

こうした神経の作用が変化する理由は、人体の不思議と言っても良いでしょう。
体もオンとオフを使い分けているということが、こうした変化からも読み取ることができるのです。
夜になるとくしゃみや鼻水が悪化するのは、きちんとした理由が存在するのです。

 

 

【薬の服用によって悪化が予防できる】
夜になるとくしゃみや鼻水が多くなる場合には、その理由をきちんと調べるべきです。
アレルギーに悩む方であれば、抗アレルギー薬を服用するだけで症状の抑制が可能です。
長時間の効果を持つものもあるため、決められた回数を服用するだけで軽減できます。

 

 

いくら神経が作用して悪化しやすい環境があったとしても、反応しない体を作っておくことも重要です。
くしゃみや鼻水が止まらないと悩む前に、その理由となるものを断つことができると快適な時間が過ごせるでしょう。

 

スポンサーリンク

【体にとっては大切な副交感神経】
体を休ませるという意味では、副交感神経の働きは大切です。
ずっと興奮状態では、心も体も疲れてしまいます。
それを改善するためにも、人は「休む」ということを体に刻み込むのです。

 

 

くしゃみや鼻水が夜に悪化しないようにすることは現代医学では難しいことではありません。
状態を悪くする理由がわかっていれば、それを抑制するだけで良いのです。
ですから、快適な眠りのためにも、我慢するのではなく症状を抑えることに力を注ぐべきです。

 

 

【まとめ】
くしゃみや鼻水が夜に悪化する理由は、副交感神経の作用が関係しています。
でも、アレルギー反応によってこうした悩みを抱えているのであれば、抗アレルギー薬を服用しながら症状をコントロールすることも覚えておくべきです。

スポンサーリンク