光くしゃみ反射 原因 予防

光くしゃみ反射の原因と予防策/光を見ると鼻がムズムズしませんか?

スポンサーリンク

太陽光など、眩い光を見ることによって起こる光くしゃみ反射
その原因は三叉神経が反応し、鼻のムズムズを誘います。
それによってくしゃみが起こるというものです。
ですから、くしゃみが起こるプロセスと予防策を知っていれば自在に操ることも可能です。

 

 

【光くしゃみ反射を起こす割合】
全ての人が太陽などの眩い光を見た時にくしゃみをするわけではありません。
約25%が光くしゃみ反射を持っているとされているのです。
まずは自分がその体質であるかを確認するためにも、光刺激を加えて、くしゃみが出るかを検証しましょう。

 

 

光が原因でくしゃみが出るようであれば、急に眩い光を見ないようにすることが予防策です。
鼻がムズムズするという不快な印象を取るのは、さほど難しいものではありません。

 

 

【光くしゃみ反射の原因と予防策】
光くしゃみ反射の原因は三叉神経が反応していることが考えられています。
顔面の近くに関係する神経は、光の刺激で鼻のムズムズを誘います。
それが原因で光くしゃみ反射を起こすため、予防策としては眩い光を直視しないことに尽きます。

 

 

外出時には帽子をかぶるなど、日よけ対策を講じるだけでも予防策です。
アレルギーではないのに人から距離を置かれてしまうこともあるので、光くしゃみ反射を出さない予防策を持っておくべきです。

 

スポンサーリンク

【自在に操るとメリットもある】
くしゃみをしたくてムズムズしている場合、光くしゃみ反射をお持ちの方であれば、すっきりさせることができるでしょう。
予防策として光を見ないようにすることが一般的な知識として有しているのであれば、その逆の行為をするだけでくしゃみが誘発されます。

 

 

光が原因でくしゃみが出る場合には、このように自分の都合に合わせて光くしゃみ反射が使えます。
体に作用する原因がわかっていれば、予防もできますし反応を促すこともできるのです。

 

 

【まとめ】
光を見るとくしゃみ反射が出る現象は、三叉神経が作用して、鼻のムズムズが促されることで起こります。
それを予防するには光を見ないようにすることで効果を発揮しますが、原因がわかっていれば自在にくしゃみを操ることもできるのです。

スポンサーリンク