新生児 くしゃみ 多い 原因

新生児にくしゃみが多い原因/ハウスダストに注意してますか?

スポンサーリンク

新生児はいきなりくしゃみをするということが多い印象があるはずです。
その原因は刺激を防御する役割をする鼻毛が発達していないからです。
鼻毛があるだけでも埃をブロックし、ムズムズした状態を起こさない働きをするのです。

 

 

【新生児のくしゃみが多い原因】
新生児がよくくしゃみをしているのは、鼻毛が大きく関係しています。
生まれてすぐの時には鼻毛が十分に発達していません。
ですから、埃の多い環境で生活している時には、大人は平気だけど新生児だけ反応するという状況が生まれます。

 

 

ほかにも、大人よりも反応することが多いものが存在する新生児。
刺激に弱いということを知っているだけでも、日常生活の環境にも配慮ができるはずです。
くしゃみが多い場合にはハウスダストに反応しやすいかもしれないという傾向を知るきっかけにも繋がります。

 

 

【体を守ってくれる役割が鼻毛にある】
埃をはじめとした刺激から防御する鼻毛は、とても大切な存在です。
鼻毛を抜くとくしゃみが出るという人がいるでしょうが、体を守ってくれる働きがあるとわかれば、むやみに抜くというのではなく、短く整える程度で済ませるなど、くしゃみを起こす原因に気遣うこともできるでしょう。

 

 

原因を取り除くことができるものがあれば、周囲が気遣うことも必要です。
埃に弱い新生児のために、部屋を綺麗にするだけでも違います。

 

スポンサーリンク

【アレルギーが原因かもしれない】
新生児のくしゃみが多い原因は、単に鼻毛が発達していないという問題ではなく、アレルギーが関係しているかもしれません。
両親がアレルギーに悩んでいるようであれば、子供にも遺伝する可能性があります。
両親ともにアレルギーであれば、子供も50%の確率で遺伝します。

 

 

遺伝が原因でくしゃみが多い場合には、考えられるものを遠ざけることも必要です。
ハウスダストに反応するのであれば、生活環境を綺麗にすることを心掛けるだけでも違います。

 

 

【まとめ】
新生児のくしゃみが多い原因としては、鼻毛の発達が影響しています。
ただし、それだけでなくアレルギー体質である可能性も秘めているので、両親がアレルギーを持っている場合には、刺激になるようなものを遠ざけることも考えましょう。

スポンサーリンク