くしゃみ 1回 2回 3回 意味 ジンクス

くしゃみが「1回・2回・3回」出たときの意味&ジンクスとは?

スポンサーリンク

くしゃみは回数によって意味やジンクスが存在します。
とはいっても1回・2回・3回とそれぞれ諸説あるので、本当にそうであるという断言はできません。
いずれの場合も「こんなことがあるかもしれない」というくらいで感じておくべきではないでしょうか。

 

 

【くしゃみが1回出たとき】
くしゃみが1回出るということは誰にでもあるでしょうが、意味やジンクスが存在するのをご存知でしょうか。
1回の場合は噂をされているというジンクスがあります。
意味合いとしては自分にとってマイナス名イメージが強いのが特徴です。

 

 

1回目で留まらず、複数回に及ぶと意味やジンクスが変化しますが、ひとまず気にせずに過ごすのが良いでしょう。
地域によってはプラスの解釈が成されていることもあるので、どちらの意味も存在するという認識が良いでしょう。

 

 

【くしゃみが2回出たとき】
くしゃみが1回で治まらず、2回連続で症状が出るようであれば、1回のときとは違った解釈をするのが一般的。
そのジンクスとしては、憎まれていたり笑われているというマイナスなイメージが強い傾向が存在します。

 

 

3回にまで発展すると違ったジンクスに変わりますが、1回よりも2回の症状は、どうやら良いことではないという解釈が強く感じられるでしょう。
2回続くと噂をされているという印象を強く感じる方も多いのですが、自分にとってはデメリットが大きな解釈であるというのが特徴です。

 

スポンサーリンク

【くしゃみが3回出たとき】
くしゃみが2回で止まらず、続けて3回出てしまうというときには、自分にとってはプラスの意味合いが存在します。
誰かに好意を持ってもらっているというジンクスがあるのも特徴です。

 

 

1回・2回のときとは違って、3回のときはとても嬉しい効果があります。
3回連続というのは日常でそんなに多くはないでしょうが、アレルギーを持っている人には身近なもの。
そんな人は意味やジンクスを考えることなく、3回のくしゃみは症状の強さを推し量るものではないでしょうか。

 

 

【まとめ】
くしゃみは回数によって意味やジンクスが存在します。
ただし、メリット・デメリットの両極端な解釈も存在するので、あくまで一つの解釈であって、それを過剰に気にかける必要はありません。
ただし、あまりにも頻回であればアレルギーなどを疑うべきです。

スポンサーリンク