鼻づまり 解消 ハッカ 油

つらい鼻づまりにはハッカ油を使って鼻づまりを解消しましょう

スポンサーリンク

風邪を引いたときや花粉症、アレルギー性鼻炎などで鼻づまりを起こしてしまい、とてもつらい思いをすることがあります。
そんな時、どのようにしたらいいのか、何をしたら少しでも楽になるのか、解消できるのかをみていきましょう。

 

 

【鼻づまりを起こす原因とは】
鼻づまりは、風邪などの感染症やアレルギー性鼻炎などで起こることが多いですが、他の原因もあります。
それは、血管運動性鼻炎や鼻の中の構造の問題、外傷や腫瘍の発生、異物の混入などで起こります。
風邪を引いただけよりも、風邪と鼻の中の外傷など、いくつかの問題が重なって鼻づまりを起こすことが多くみられます。

 

 

【アレルギー性鼻炎とは】
アレルギー性鼻炎とは、自身の持っている、動物や花粉、ダニ、ホコリなどのアレルギーによって引き起こされる鼻の中の炎症のことです。
この炎症の原因のアレルギー物質を取り除こうと身体が判断し、鼻水やくしゃみなどが止まらなくなります。

 

 

【血管運動性鼻炎とは】
血管運動性鼻炎とは、症状はアレルギー性鼻炎と同じですが、アレルギー性鼻炎との違いは原因が不明な点です。
季節やアレルギーなどに関係なく、年中鼻がつまっている状態が続くのが血管運動性鼻炎です。

 

スポンサーリンク

【解消方法はあるのか】
いろいろな原因で鼻づまりは起こりますが、アレルギーなどで起こったものを薬などを使わずに完璧に治すことはできません。
しかし、鼻づまり自体を楽にする解消方法ならあります。
その解消方法とは、ハッカ油を使うことです。

 

 

【ハッカ油とは】
ハッカ油とは、ハッカから取り出した成分のことで、葉っぱから約2パーセントも取れないとされるとても貴重なものです。
最近では、ドラックストアでも気軽に購入できるようになりました。
鼻づまりの解消で使う場合には、食品添加物や和種ハッカ油と記載されたものを選びましょう。

 

 

【どのようにして使うのか】
それでは、鼻づまりを解消するための使い方をご説明していきます。
1つ目は、ハッカ油とマスク使う解消法です。
ドラックストアなどで売っている消毒用エタノールを香水用のアトマイザーなどに入れて、そこにハッカ油を1滴だけ垂らします。
そして、その混ぜたものをマスクに少しかけ、そのマスクを着用するだけです。
これは、外出のときなどにお勧めです。
2つ目の解消法は、洗面器などに熱いお湯を張って、その中にハッカ油を1滴だけ入れます。
その洗面器の中にタオルやハンカチなどの布を入れ、お湯が垂れ落ちない程度になるまで絞ります。
それを寝るときなどに枕元に干すことによって空気が乾燥することも防ぎ、鼻の通りを良くすることもできます。

 

 

もし、子供や自分自身が鼻づまりで悩んでいたら、ドラックストアなどで購入することができるハッカ油を使って解消しましょう。
出かけているときも、家にいるときもつらい思いをせずに生活できるように、鼻がつまってしまって困っている人は一度試してみてください。

スポンサーリンク