鼻づまり 薬 オノン 効果

オノンは鼻づまりに効果のある治療薬

スポンサーリンク

花粉症などでつらい鼻づまりに効果がある薬として、オノンがあります。
鼻づまりを改善するためには、どのように作用し、どのように使用すれば良いのでしょうか。
ここでは、効果や使用方法、副作用などについて説明します。

 

 

【オノンの効果】
アレルギー症状の代表的な疾患として、気管支喘息やアレルギー性鼻炎があり、これらはアレルギー物質によって引き起こされます。
アレルギー物質としてヒスタミンが良く知られていますが、ロイコトリエンはヒスタミンと同じように、炎症やアレルギーに関与する化学物質です。
ロイコトリエンは、鼻の血管を刺激して血管を拡張させたり、血液の成分を漏出させます。
その結果、鼻の血流が正常に回らなくなり鼻の粘膜が腫れ、鼻づまりを引き起こします。
オノンは、プランルカストを成分として含み、アレルギー物質のひとつであるロイコトリエンの働きをブロックする薬であり、気管支喘息やアレルギー性鼻炎に対して効果があります。
花粉症などによるアレルギー性鼻炎に対しては、鼻炎症状のうち特に鼻づまりに対して効果が期待できる薬です。
花粉症では、一般的にアレグラやアレジオンなどの抗ヒスタミン薬が使われますが、鼻づまりには効果が弱いのでオノンが使われ、鼻粘膜の血管を収縮させることによって、鼻づまりを改善します。

 

スポンサーリンク

【使用方法について】
オノンの用法、用量は年齢や症状によって異なるため、医師の指示に従ってください。
通常であれば成人は錠剤、小児はドライシロップタイプのオノンを服用します。
食後に使用したほうが薬の濃度が高くなることが確認されているので、特別な理由がない限りは、食後に使用するようにしましょう。
花粉症などの鼻づまりに対しては、飲み始めてすぐに効果が出るわけではないため、花粉の飛散が予想される前から服用し始めることが重要です。

 

 

【副作用について】
オノンは、副作用が比較的少ない薬とされています。
副作用としては、吐き気、腹痛、胸やけ、下痢などが稀に報告されています。
花粉症などの鼻づまりで薬を使用したときに眠気が出る原因としては、抗ヒスタミン薬が考えられます。
オノンについては、基本的に眠気の心配は必要ないと言えます。
また、ごく稀に重い肝障害や血液障害の症例も報告されているため、不安な方は医師に相談してみると良いでしょう。

 

 

オノンの効果や使用方法、副作用について説明しましたがいかがだったでしょうか。
副作用が少なく鼻づまりに効果がある薬ですが、すぐに効き目は出ないので早めに飲むようにして、医師の指示に従って使用してください。

スポンサーリンク