アレグラ 風邪 鼻づまり

アレルギー性鼻炎に効果的なアレグラを風邪の鼻づまりに使う是非

スポンサーリンク

アレルギー性鼻炎に有効な成分の一つとして、フェキソフェナジン塩酸塩が挙げられます。
この成分を用いた市販薬の一つがアレグラです。
アレルギーに効果的とされていますが、風邪の鼻づまりには使えるのでしょうか。

 

 

【フェキソフェナジン塩酸塩が効くアレグラ】
フェキソフェナジン塩酸塩という物質は、主にアレルギー性鼻炎などに高があるとされています。
鼻づまりなどの原因となるアレルギー性鼻炎は、鼻で放出されたヒスタミンによって起きるとされており、フェキソフェナジン塩酸塩は、このヒスタミンを働きにくくする抗ヒスタミン剤の一種です。
その中でも第二世代にあたり、前の世代にあった集中力の低下などが改善されています。
このフェキソフェナジン塩酸塩の錠剤は市販されており、その一つがアレグラです。

 

スポンサーリンク

【風邪の鼻づまりにアレグラを使う是非】
アレルギー性鼻炎の薬として用いられているアレグラですが、風邪による鼻づまりに使うべきかどうかは意見が分かれるところです。
風邪の鼻づまりに対して同じ抗ヒスタミン剤が処方される場合もありますが、第二世代の抗ヒスタミン剤では効果がないとも言われているためです。

 

 

【副作用を伴う事がある他の薬との飲み合わせ】
風邪の際にアレグラを使用する際、風邪薬との飲み合わせに気をつけなくてはなりません。
薬によっては抗ヒスタミン成分の過剰摂取になったり、アレグラの性質を弱めたり、また逆に強くしすぎてしまうなどの恐れがあります。
風邪の鼻づまりに使用したい場合は、先に医師と相談してからにしましょう。
また市販薬と合わせるのは、薬の知識に自信がなければ止めた方が無難かと思われます。

 

 

アレルギー性鼻炎を患っているのなら、フェキソフェナジン塩酸塩を用いたアレグラが頼りになるはずです。
しかし、風邪の鼻づまりにまで効くかどうかはわかりません。
他の薬との飲み合わせもあるため、使用の際は医師と相談するなど慎重を期すことをお勧めします。

スポンサーリンク