鼻づまり 薬 コンビニ

鼻づまりの際コンビニでも買える薬について

スポンサーリンク

花粉症である、風邪を引いてしまったなど鼻づまりに悩まされる原因は様々です。
辛い鼻づまりですが、近年コンビニやスーパーでも薬を見かけるようになりました。
では、コンビニなどではどのような種類の鼻づまりの薬を購入する事ができるのでしょうか。

 

 

【鼻づまりの原因】
そもそも鼻づまりとは、鼻腔という空気の通り道において、空気の通りが悪くなることが原因となります。
空気の通りが悪くなる原因をまとめていきます。

 

 

はじめに、鼻粘膜の腫れです。
花粉症や風邪が原因となります。
粘膜が腫れることにより、空気の通り道が狭くなり、空気の通りが悪くなる事が原因になります。
次に、鼻の骨の変形です。
鼻中隔弯曲症という、鼻を左右に分ける骨の変形により、片方の鼻腔が狭くなる事が原因になります。
最後はできものです。
長期間の粘膜の腫れにより、ポリープという異物ができ、空気の流れを悪くする事によります。
このように、ひとえに鼻づまりといっても原因は様々ですので、気になる方は医療機関で診てもらうようにしましょう。

 

スポンサーリンク

【コンビニで薬が買えるようになった?】
2009年から第二類、第三類の医薬品は店に薬剤師がいなくても登録販売者という資格を保持した人がいる場合、コンビニやスーパーでも販売できるようになりました。
それによりコンビニチェーン店などでは、薬の販売に乗り出しました。
では、鼻づまりの応急処置として、コンビニなどで買える薬にはどのような種類があるのでしょうか。

 

 

はじめに、薬は成分によりいくつかの種類に分けることができます。
抗ヒスタミン成分はアレルギー症状を発現させるヒスタミンの働きを弱める効果があります。
抗ヒスタミンは第一世代と第二世代に分けることができ、第二世代は眠くなりにくいといわれています。
血管収縮成分は、鼻粘膜の血管を収縮させ、鼻づまりを抑える役割があります。
抗炎症剤は鼻の粘膜の炎症を抑制する働きがあります。

 

 

前述したように一部の鼻づまりの薬は、登録販売者がいるコンビニなどでも購入する事ができるようになりました。
便利になった反面、添付文章を読むなどして、アレルギーや飲み合わせなどのリスクを防ぐようにしましょう。
また、症状が長引く場合はきちんと医療機関で診てもらうようにしましょう。

スポンサーリンク