鼻水が止まらない病気 脳の髄液が……

鼻水が止まらない病気 脳の髄液が……

スポンサーリンク

鼻水が出ることは誰にでもあることです。別に大した病気ではないと思うものの、鼻水が止まらないときがあります。それは、何かもっと重い病気の可能性があるのではないでしょうか……。

 

【鼻水が止まらない それは重い病気?】
鼻水が止まらない体験をしたことがあるでしょうか。鼻水が止まらない原因は、アレルギー性鼻炎・花粉症・風邪などをまず原因として考えることが出来ます。風邪をひく体験など多くの人たちがしますが、そのようなとき、鼻水が止まらないのは、ウイルスを一生懸命外へ出そうとしているからであり、アレルギー性鼻炎、花粉症という場合においても、一生懸命、鼻水が頑張ってくれています。

 

【鼻水が止まらない病気 鼻炎】
鼻水が止まらない病気として考えることが出来るのは、鼻炎です。そして、多くの人たちは、花粉症によって鼻水にかなり悩まされているでしょう。風邪との違いもありますし、そのほかのアレルギー・病気などで、このような問題に日々悩まされている人たちがいます。過敏症による鼻水は「血管運動性鼻炎」などの病気の原因として考えることが出来ます。

スポンサーリンク

【脳が影響しているケースが……】
みなさんは、このような症状を出来ればもっと楽観的に考え、脳とは関係ない問題として考えたい気持ちも持っているのではないでしょうか。しかし、ただ鼻から水が流れてそれが止まらないと思っていたものの、なんと脳の髄液(ずいえき)が鼻から漏れていたというケースが実際にあったと言います。

 

あなたも今、止まらないと嘆いているのは、脳の髄液なのかもしれません。 実際に、それが止まらないというものの、普通のケースでは、やがて止まる訳です。結局は、鼻がたれるとは多くの人たちが死には至らない軽症と考えている問題のはずです。しかし、脳の場合は例外であり、とめどなく流れ続け、それも絶対に流れて欲しくない脳の髄液ということになります。

 

いかがでしょうか。いちおう見分け方ですが、脳脊髄液の場合色は、無色透明ということです。ちょっとウイルスと戦ってくれていると無色透明にも安心は出来ないようです。

 

 

スポンサーリンク