白い粘り気のある鼻水の原因

白い粘り気のある鼻水の原因

スポンサーリンク

白い粘り気のある鼻水の原因ってなんなのでしょうか。普段の私達に起こる症状は透明のサラサラした鼻水の方です。何か病気ではないかと、どうしても気になる問題です。

 

【白い粘り気のある鼻水の原因】
鼻の粘膜が炎症になれば、白い粘り気のある鼻水が出ることがあります。 白い粘り気のある鼻水は、 副鼻腔炎である疑いがあります。副鼻腔炎とは、 鼻腔と呼ばれる場所が、炎症になって出るものです。

 

白い粘り気のある鼻水の原因は、 空気中の細菌やウイルスということになりそうです。

 

【白い粘り気のある鼻水を治療する】
このような症状があれば、 耳鼻科で治療してもらう姿勢が正しいです。粘膜が腫れることで様々な症状が出て来てしまうことになります。鼻づまりもあり、食べ物を食べたとき、味がおかしく感じてしまうのもこのせいです。粘膜の腫れがあり、重症化してしまうことで、ポリープに移行というケースもありますので注意をしてください。

スポンサーリンク

【副鼻腔炎かも】
副鼻腔炎が、白い粘り気のある鼻水の原因なのかもしれません。副鼻腔炎の場合、 急性は風邪やアレルギーで突然なったりするものです。 頭痛や鼻づまり、発熱ものあり、比較的、副鼻腔炎かもということが判りやすいかもしれません。しかし、慢性に移行してしまう可能性もありますので、注意が必要です。

 

普段行っている生活に支障が出て来てしまうかもしれません。慢性になれば、手術ということも起こります。鼻の病気は、原因を究明して、すぐに対策を考えることも必要ではないでしょうか。そのまま放置しておけば、鼻だけでなく、喉や、耳にも影響が出る場合もあります。器官がいろいろな場所に繋がって、いろいろな影響を与えることになります。重症になってしまうと、なかなか症状を改善することも難しくなります。

 

いかがでしょうか。つまり、鼻水こそが、原因を教えてくれるサインと考えることが出来ます。そのような原因のサインを送ってくれているのに、何も見ずに無視しているケースが多いようです。

 

 

スポンサーリンク