鼻水かみすぎで、耳痛い症状の対処

鼻水かみすぎで、耳痛い症状の対処

スポンサーリンク

花粉症のシーズンであり、やたら鼻をかみすぎという人たちも多くいるのではないでしょうか。鼻水たらたらで、かみすぎれば、今度は耳痛い症状に……、何か良い対処の方法などあれば教えて欲しいものです。

 

【鼻水が でもかみすぎれば、今度は耳痛い そこで……】
鼻水で、かみすぎによって、耳痛い症状がなぜ起こるのかと言えば、中耳炎による痛みが起こっているからです。鼻水のかみすぎは、中耳に圧力をかけて、鼻水が中耳に入り込んでしまったりして、中耳炎になってしまうリスクがあります。子供さんも実際に鼻水で、うまくかむことが出来ずに、ついついかみすぎで、耳痛い症状になってしまうといいます。

 

更に考えることが出来る症状として、耳管狭窄症があります。 耳管の働きが悪くなっているため耳痛い症状が起こります。

スポンサーリンク

【鼻水かみすぎで起こる耳痛い症状の対処】
鼻水かみすぎで耳痛い症状のとき、何かいい対処の方法はあるのでしょうか。簡単に出来る対処方法として、耳の後ろを冷やしてみると、痛みが少しだけ緩和されるといいます。 応急の対処として、一度そのような方法も試してみましょう。 保冷剤をタオルで包んで、冷やしてみましょう。

 

冷房の効いた部屋というのも、そのとき、対処としていい効果を期待出来ます。逆にあたためると耳痛い症状が更にひどくなる傾向がありますので注意をしましょう。

 

【鎮痛剤を使用する】
対処方法として、鎮痛剤を使用するのも効果的です。しかし、それは実際には一時的緩和対策に過ぎないので、再び耳痛い症状が続くようなら、耳鼻科に行くようにしたいものです。

 

中耳炎の痛みなら、医師が処方してくれる薬がかなりいい効果を期待することが出来ます。結構、耳が痛い症状は、完治するのにも時間がかかると言われていますので、気長に構えるモチベーションも大事です。

 

そして、正しいかみかたもちょっと勉強した方がいいかもしれません。そもそも、かみかたなんて、今まで誰にも教えてもらったことがないのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク