鼻づまりを解消できる寝方の向きは?

鼻づまりを解消できる寝方の向きは?

スポンサーリンク

鼻づまりを起こしていると、寝る時に呼吸がしにくく寝不足になってしまう人もいます。ですがこの就寝時の悩み事でもある鼻のつまりは、寝方の向きを変える事で解消する事が可能となっています。では、どのような眠り方をすると良いのでしょうか。

 

【鼻づまりを解消する寝方の向きとは】
就寝時に鼻づまりで悩まされているという人は、寝方の向きを変えてみてはどうでしょうか。就寝時に寝方の向きを鼻がつまっている方を上にするようにして、横になって眠ると鼻詰まりが解消されて眠りやすくなるとされています。左右のどちらで鼻づまりが起こっているのかに合わせて、寝方の向きを変えるようにすると息苦しさで眠れないという悩みが解消され、快適な睡眠をする事ができます。

 

【寝方の向きを変える以外の方法は】
寝方の向きを変える以外にも、鼻づまりに対する対処方法があります。そのひとつとして鼻がつまっているのとは反対の脇にペットボトルを挟んでおくというもので、脇に挟むことで交感神経が刺激されて鼻の血管が収縮し、鼻のつまりが解消されるとされています。長時間維持されるものではありませんし、根本的な解決となる訳ではありませんが、眠るまでに鼻づまりで悩まされたくないという方には、やり方も簡単で効果もあるこのような方法がおすすめです

スポンサーリンク

【鼻づまりに悩まされた時には】
鼻がつまっている状態になってしまうと、日常生活でも呼吸がしにくく不便な場面が多くあります。口呼吸が多くなると喉も乾きやすくなりますし、口から余計な細菌やウイルスを吸い込み別の病気を発症する原因にもなってしまいます。鼻がつまる状態というのは、鼻の中の粘膜が炎症を起こしていることが原因であることが多いため、耳鼻科などで処置をしてもらい炎症を抑えたり、アレルギー性の場合はアレルゲンから離れる、炎症を抑える薬を飲むなどの対策をする事が望ましいとされています。

 

就寝時の鼻づまりに困っている場合、つまっている方が上になるように寝方の向きを変える事で解消されます。また眠る前につまっている方と逆に脇にペットボトルを挟むという対処方法もあり、投薬以外でも自分で簡単に対処する事が可能です。

スポンサーリンク