鼻水や鼻づまりが治らない時にはどう対処したらいいのか

鼻水や鼻づまりが治らない時にはどう対処したらいいのか

スポンサーリンク

鼻水や鼻づまりが長期間治らないという場合、どのように対処をしていけばいいのでしょうか。呼吸がしづらくなってしまうなどの悪影響がありますから、なるべく早い段階で治療できるように予防や対処方法などを知っておきましょう。

 

【鼻水が止まらない原因とは】
鼻水が止まらなくなってしまう原因としては、風邪、アレルギー性鼻炎などが挙げられます。特にアレルギー性鼻炎は花粉症も含まれていますので、多くの人が悩まされている原因でもあります。アレルギー性鼻炎が原因である場合、アレルギー反応を起こす物質に触れないように心がける事で症状が改善する事もありますから、例えば花粉症ならば外出する際にはマスクをする、帰宅した時には衣服に付いている花粉を落としてから家に入るなどの対策をしていく事が重要です。

 

【鼻づまりが治らない原因とは】
風邪でもないのに鼻づまりが治らない場合、添いの原因としては急性副鼻腔炎、慢性副鼻腔炎、ポリープといった原因が考えられます。鼻づまりが長期間続くというのは何かしらの病気の症状であることが多いので、病院に相談をして処置をしてもらう事がおすすめです。また、鼻水が出ていない状態なのに鼻づまりが続くという場合、鼻の粘膜が炎症を起こしてしまっていたり、鼻の骨が曲がってしまっているなどの原因も考えられますので、より早い病院での診断が必要となります。

スポンサーリンク

【鼻水、鼻づまりが治らない時の対処方法】
長い間鼻水、鼻づまりが治らない場合、病院で対処してもらうのがもっとも良い方法ですが、例えば仕事などで病院に行くまでに時間があいてしまうという場合、自分である程度対処しなくてはいけません。どうしても治らない場合、病院に行くまでに自分で対処する方法としては、鼻うがいや蒸しタオルで鼻を温めるという方法の他、アレルギー性鼻炎であれば投薬による対処も挙げられます。さらに、鼻に腫瘍ができてしまっていた場合は手術なども必要となります。

 

鼻水や鼻づまりが治らないまま長く続く場合、他の病気が原因となっている場合があります。自分でできる対処方法を試してみて、それでも続く場合はきちんと病院に行き、正しい処置をしてもらうのがもっとも良い対処法と言えるでしょう。

スポンサーリンク